erdemのルックをみて思い浮かんだクリムト








数ある彼の作品のなかでも、好きなのが、この "Danaë"。







次に海外へ行くなら、ウィーンへクリムトの絵を見に行こうかな、とぼんやりと考えていたのですが、この『ダナエ』は個人蔵のため、見ることはできないんですよね〜・・・。
残念。



そしてこちらは嬉しいニュースなのですが、クリムトの絵が含まれる、ウィーン世紀末展というのが今年開催されるようです。
タイトルとして、「ウィーン・ミュージアム所蔵 クリムト・シーレ ウィーン世紀末展」とあるので、クリムトの絵が中心なのかな?
私が行くとしたら、やっぱり東京でしょうか。
でも足を延ばして北海道で避暑っていうのもいいかも。笑


2009年7月11日(土)〜9月6日(日)
札幌芸術の森美術館

2009年9月16日(水)〜10月12日(月・祝)
東京・日本橋高島屋

2009年10月24日(土)〜12月23日(水・祝)
大阪・サントリーミュージアム天保山

2010年1月2日(土)〜2月21日(日)
北九州市立美術館


(こちらの情報はmix iで知ったのですが、やっぱり便利だねー。death cabのチケットを譲るために、友達に紹介してもらって、また始めたのですが、私にとってmi xiは人とのコミュニケーションというよりも、より詳しい情報を集めるためのツールって感じかも。。)