学校の後、バイトまでのちょっと開いた時間を使って、国立科学博物館へ行ってきました。
時間が全然足りなくって、地球館を気持ち足早に見ただけだけど、楽しかったです。
展示とは違った点で、「ほ〜」と思ったのがエスカレーター。
エスカレーターの枠?が透明になっているので、エスカレーターの仕組みがよく分かります。
こんな風に回転してるんだーと。
一番気分が上がったのは、やっぱり剥製。
ずらーっと並ぶ数々の剥製には圧倒されました。
フェイフェイ、トントン、ホワンホワンもしっかり見たよ。
体験コーナーもたくさんあって、美術館よりも多少は音をたてても大丈夫な感じなので、デートとかにもいいのかも。
実際カップルの方を何人も見かけました。
次に行くときは日本館をちゃんと見なくては。


バイトの帰り、電車が人身事故のせいで大幅にダイヤが乱れていたんだけど、

  • アナウンスに怒っているのか、何度も窓を打ち付ける人
  • 「死ぬなら別のところで死んでくれよ」と大きな声で言う人

がいて、なんていうか、大人だろう?と思いました。
後者の話は、もちろん私だって早く家に帰りたいし、自分の時間の前に亡くなった方を思いやれるわけではないけれど、だからって、そういうのは心で思ってるだけにして、言葉には出さないでほしい。
言葉に出すのと出さないのとは大きな違い。
結局最寄の駅についたのは、予定よりも30分遅れで、思ったよりもかからなかったことが救い。