結局2010年、最後の日記は11月になってしまった。
中途半端に書いてそのまんま下書き保存になってる日記、どうしようかなあ。
っと、とりあえず、あけましておめでとうございます。
今年は年女だし、知り合いの方からお守りもいただいたし、なんだか良い年になりそうな予感。
というよりも、結局は自分次第なので、良い年にしたいという心持ちじゃないとダメだよね。うん。
そういうことで、今年もまたよろしくお願いします。





今年の冬もまた、たくさんの海外のアーティストが来日ライブをしてくれますが、今年いっちばん楽しみなのが、letting up despite great faults!
ずいぶん前にここにも書いたと思うんだけど、彼らの音楽はもちろん、ジャケットも素敵なんだよねえ。
生はどんな感じなんだろう。
絶対行く!





そしていつCD発売になるのかな?と思ってたyuckも、今月やーっと出るみたいで。
これは正直ジャケット好きじゃないんだけど、買うよ、ちゃんと。笑





最後にひとつ。
去年の春先ずっと聴いてた相対性理論の8bit風バージョン。
つなぎがすごい。
そしてファミコン風、ドット絵のロゴがこれまた素敵。


と、2011年の日記は音楽の話で始まりましたが、今年もたくさん良い音楽が聴ければいいな。




クルーレス(通常版) [DVD]

クルーレス(通常版) [DVD]


(それにしても2011年って!中学のとき映画のクルーレスを見たとき、「95年の映画かあ。8年前かあ。」とか思ったのがすんごい頭に残ってるんだけど、今じゃもう16年前・・・。なんと年月の過ぎるのが早いことよ・・・。しかし名作はいつまでたっても名作だよね。改めてクルーレス見たいなあ。)